ウォームビズ(2011.10)

環境省は、温室効果ガス削減のため過度な暖房使用を控え快適に過ごす「WARM BIZ」(ウォームビズ)の実践を呼びかけ、室温20℃を目処に適切な暖房機器の使用を啓発する運動を行っています。東日本大震災を受けた節電の必要性もあることから、エネルギー全般の使い方の見直が望まれています。

 

ちょっとした工夫で実現できる「室温20℃」の知恵

●暖かい空気を循環させる→部屋の上部にたまる暖かい空気は、扇風機を短時間つけて循環させる

●部屋に温度計を設置→場所によって温度差が生じるので、数箇所に設置するようにする

●暖房ON/OFFのタイミングを考える

●ブラインドを使いこなす

●机の配置が重要→暖風口の向きを検討

●ドア口の風はパーテーションで防ぐ→逃げる熱をパーテーションの配置で防ぐことができます。

●体感温度は湿度でも変わる→湿度を15%上げれば室温を1℃下げても体感温度は変わらない

▲このページのトップに戻る