60歳以降の賃金設計

60歳以降の高齢者のための賃金設計をご提案いたします。

年金と雇用保険の雇用継続給付金を組み合わせ、企業・従業員、双方にとってメリットが得られる給与(手取り額が最高となる給与月額)をご提案いたします。

 在職老齢年金制度、雇用継続給付制度、そして給与の3本立てを上手く活用すれば、社員本人の手取額を減らすことなく、会社の負担額を大幅に減らすことができます。

 

計算例

●60歳到達時の賃金が40万円(月額)

●老齢厚生年金が120万円(年額)

●前年までの賞与が80万円(40万円×回)

の場合です。

60歳以降の賃金(月額)が245,000円、265,000円、285,000円、350,000円、400,000円とした場合、手取り金額がどのようになるか見てみましょう。

 

 

賃金月額

245,000円

265,000円

28,5000円

350,000円

400,000円

年金月額

22,267円

16,210円

11,438円

雇用継続給付

35,941円

22,869円

9,804円

手取り月額

264,658円

262,054円

260,663円

290,907円

331,896円

手取り比較

-67,238円

-69,842円

-70,592円

-40,989円

会社負担比較

-181,046円

-157,962円

-134,877円

-57,712円

※手取り比較、会社負担比較は60歳時(賃金40万円)との比較です。

 

賃金月額を245,000円とすると、社員本人の手取り減は67,238円ですが、会社の負担減は月額約18万円です。年額では216万円も会社負担を減らすことができるのです。

 

また、賃金月額285,000円よりも賃金月額245,000円の方が、社員本人の手取りは多くなります。

下手な賃金設定をすると、会社と社員の双方が損をしてしまいます。

 

このように、年金や雇用継続給付の組み合わせシュミレーションを行うことにより、適切な給与額を算出することができるのです。 

 

 

 

賃金シュミレーションのお申し込みについて

以下の事項についてお知らせください

@60歳到達時の賃金

  ※賃金台帳を確認させていただきます

A対象労働者の年金見込み額

  ※委任状をお預かりして当方で調査することも可能です

B基金がある場合の年金見込み額

  年金額 内 代行部分(       )

 

 

注意事項 

@概算額でのご提示になります。

A厚生年金基金については、基金により計算が異なる場合があります。

  可能な限り確認させていただきますが、実際と異なる金額になる場合があります。

B年金金額や給与の金額によっては、シュミレーションをしてもあまり効果がでない

    場合があります。

C法改正により、手取り金額等が異なる場合があります。

賃金シュミレーション料金

料金は、1人あたりの料金です。

 

プランA  10,000円

原則郵送およびTELでの対応になります。

必要事項をお知らせいただき、シュミレーション結果を書面でお送りいたします。

在職老齢年金や高年齢雇用継続給付についてご理解されている方向きのプランです。

  

 プランB   50,000円

おうかがいさせていただき、 在職老齢年金や高年齢雇用継続給付について制度のご説明をさせていただきます。

必要事項を確認させていただき、シュミレーションをさせていただきます。

結果の書面を作成のうえ面談にてご説明させていただきます。

希望があれば、対象労働者の方へのご説明をさせていただきます。

在職老齢年金や高年齢雇用継続給付の制度そのものがよく分からないという方向きのプランです。

 

必要事項の確認(調査)

  ↓

賃金額の算出、ご提案書の作成

  ↓

企業担当者様へのご説明

 ※ご希望により対象労働者への説明を行うことも可能です。

   (交渉は行いません)

  ↓

今後の手続きについてのサポート(アドバイス)

 

 

 

▲このページのトップに戻る